Excel(エクセル)データ分析 1日 講座

Excelデータ分析 - 講座詳細

講座概要
Excelデータ分析
売上データを分析するために必要なデータの準備・整理方法、ピボットテーブルを使った集計や分析方法(業績の長期的な傾向の分析、重点管理商品の見極め、市場での製品の位置づけの確認)、分析結果をグラフ化(視覚的に表現)する方法について学習します。
受講対象者 Excel2の講座内容をマスターしており、Excel(エクセル)を使ったデータ分析方法について学習したい方
受講後の目標 Excel(エクセル)を使った簡易的なデータ分析ができるようになる
受講料金 30,500円(消費税、テキスト代込み)
講座詳細 1. データ分析とは
 データ分析の基本:データ分析とは:データ分析の手法
 Excelとデータ分析:Excelのデータ分析機能

2. 分析用のデータを準備する
 テキストファイルからデータを読み込む:表をリストの形式に整える

3. ピボットテーブルで集計する
 ピボットテーブルの概要:ピボットテーブルの作成:書式を整える:集計元のデータの変更

4. 視点や切り口を変えて集計する
 視点を変えて集計する:時間の流れに沿って集計する:切り口を変えて集計する:
 見たいデータだけを表示する:ピボットグラフで集計結果を視覚化する

5. 集計内容を掘り下げて分析する
 売上低下の原因を探る:売れ筋商品を見極める:グループ化して集計する:
 計算方法を変えて集計する

6. Zチャートで業績の長期的な傾向を分析する
 Zチャートの概要:Zチャートを作成する

7. ABC分析で重点管理商品を見極める
 ABC分析の概要:商品をABCにランク分けする:パレート図を作成する

8. PPM分析で商品の位置づけを分析する
 PPM分析の概要:PPMグラフを作成する

◆使用テキストについて◆
本講座では、セミナー用のテキストとして、下記を使用いたします。
 「Excel2010/2007対応 Excelはじめてのデータ分析(技術評論社)」

テキストは受講当日に配布いたしますので、事前購入いただく必要はありませんが、
もし上記のテキストを既にお持ちの方で、受講当日に持参いただいた場合は、テキスト代を返金させていただきます。

◆「Office2007」「Office2013」「Office2016」をご利用のお客様◆
当スクールでは、「Office2010」で講習を実施いたしますが、「Office2007」以降のどのバージョンでも対応できますので、安心してご受講ください。 「Office2007」以降のバージョンは、ほぼ同じ画面構成(リボン)とファイル形式になっており、基本操作方法などはほとんど変わりありません。 バージョン毎に違いのある部分については、別途補足資料を用意しておりますので、ご希望の方はスタッフにお声掛けください。