Access(アクセス)応用 1日 講座

◆重要◆ 2016年12月28日(水)に講座名を改定いたしました。講座内容や価格に変更はありません。
Access2 → Access応用

Access応用 - 講座詳細

講座概要
Access応用
売上管理データベースを作成するという想定で、データベースの設計から、複雑なデータの加工方法や受注データの入力を効率化する方法、データベースを誰でも簡単に活用できるようにするマクロ機能など、Access(アクセス)での業務に役に立つノウハウについて学習します。
受講対象者 Access(アクセス)の基本機能をマスターしており、実務でさらにAccess(アクセス)を活用したい方
受講後の目標 Access(アクセス)を使った簡単な売上管理ができるようになる
受講料金 36,500円(消費税、テキスト代込み)
講座詳細 1. データベースの設計
 データベースの設計と手順
 業務の流れとデータベース設計

2. リレーションシップの作成
 リレーションシップの作成方法
  テーブルの結合の種類
  参照整合性(参照整合性によるデータ操作の制限/連鎖更新と連鎖削除)

3. クエリ
 クエリを利用したデータの集計(集計クエリ/クロス集計クエリ)
 クエリを利用した重複するデータの抽出(重複クエリ)
 アクションクエリ(更新クエリ/テーブル作成クエリ/削除クエリ)

4. フォーム
 複数のテーブルまたはクエリを利用したフォームの作成
 コンボボックスの活用
 メイン/サブフォーム(メイン/サブフォームの作成/メイン/サブフォームの編集)
 演算コントロールの活用(演算コントロールの作成/[フォームフッター]セクションを使用した集計/
 サブフォームのコントロールの参照)

5. レポート
 グループ集計レポート(グループ集計レポートの作成)

6. マクロ
 マクロの作成
 マクロの実行
 メインパネルの作成(サブマクロの作成/ボタンへのマクロの割り当て/起動時の設定)

◆使用テキストについて◆
本講座では、セミナー用のテキストとして、下記を使用いたします。
 「Microsoft Access 2010 応用 セミナーテキスト(日経BP社)」

テキストは受講当日に配布いたしますので、事前購入いただく必要はありませんが、
もし上記のテキストを既にお持ちの方で、受講当日に持参いただいた場合は、テキスト代を返金させていただきます。

◆「Office2007」「Office2013」「Office2016」をご利用のお客様◆
当スクールでは、「Office2010」で講習を実施いたしますが、「Office2007」以降のどのバージョンでも対応できますので、安心してご受講ください。 「Office2007」以降のバージョンは、ほぼ同じ画面構成(リボン)とファイル形式になっており、基本操作方法などはほとんど変わりありません。 バージョン毎に違いのある部分については、別途補足資料を用意しておりますので、ご希望の方はスタッフにお声掛けください。