新型コロナウイルスの影響により、ニュースなどで「テレワーク」「リモートワーク」という言葉を耳にする機会が増えました。テレワークとリモートワークは、多くの企業に取り入れられている働き方です。

今ウイルスの感染を拡大させないために、人との接触を減らすことが求められています。テレワークやリモートワークを取り入れることで、人との接触を減らしつつ仕事を続けることが可能です。

しかし、「テレワークとリモートワークとは?この2つは何が違うの?」と疑問をもつ方も多いのではないでしょうか。今回は、テレワークとリモートワークの言葉の意味や、異なる点について解説していきます。

テレワークの「テレ」とは?


テレワークのテレ(tele)とは、「離れた場所」という意味です。テレワークは、情報通信技術(※1)を活用し、場所や時間にとらわれない働き方を指します。国土交通省では、テレワークについて「1週間に8時間以上、職場以外でICT(情報通信技術)を使って仕事をする人」と定義されています。

インターネットなどを利用することで、自宅やカフェなどオフィスではない場所で仕事をすることが可能です。
企業はテレワークを取り入れることにより、離れた場所に住んでいる優秀な人材を採用することができます。また社員が育児や介護を理由に退職してしまうことを防ぐこともできるのです。

テレワークは、業務形態によって「雇用型」「自営型」の2つに分類されます。雇用型は、さらに「在宅勤務」「モバイルワーク」「施設利用型」など細かく分けられています。

  • 在宅勤務…従業員が自宅でパソコンやインターネットを使って働く。
  • モバイルワーク…移動中にパソコンやスマートフォンを使って働く。
  • 施設利用型…レンタルオフィスなどを利用して働く。

このように、テレワークは仕事を行う場所によって呼び方が変わります。

(※1)情報通信技術(ICT)とは、パソコンやスマートフォンなど、コンピュータを使用した情報処理や通信技術のことです。ICTは、「Information and Communication」の略です。

リモートワークの「リモート」とは?


リモートワークのリモートとは、「遠隔」という意味です。リモートワークという言葉は、遠隔地でインターネットを用いて業務を行うことを指します。

リモートワークは、以下の4つの種類に分類されます。

  • ハイブリット・リモートワーク…正社員として企業に所属しているが、普段は遠隔地で仕事をする。必要に応じて出社する。
  • フルタイム・リモートワーク…正社員でありながら、勤務時間の全てを自宅などで仕事をする。
  • リモート・アウトソース…契約社員や外部委託者が、全ての仕事を自宅などのオフィス外で行うこと。
  • テンポラリー・リモートワーク…一時的な業務をオフィス外で行うこと。

このように、リモートワークは雇用形態や勤務場所によって呼び方が異なります。

テレワークとリモートワークの違い


テレワークとリモートワークは、「オフィス以外の場所で仕事をする」という意味では同じですが、定義や使われる場所が異なります。ここでは、テレワークとリモートワークの違いについて解説します。

違い1.テレワークは定義づけされている

テレワークは、国によって「ICTを利用し、時間や場所にとらわれない柔軟な働き方」と定義されている点が、リモートワークと異なります
国土交通省によるテレワークの定義には、「1週間に8時間以上、職場以外の場所でICTを用いて仕事をする人」と時間も明記されています。

一方、リモートワークは明確な定義は定められておらず、オフィス外で行う仕事全般が該当します。

テレワークとリモートワークの言葉の意味はほとんど同じです。しかし、定義が定められているテレワークのほうが正式な言葉として多くの場所で使われています。

違い2.テレワークのほうが歴史が古い

テレワークは、リモートワークよりも長い歴史があります。
1970年代のアメリカで、大気汚染を緩和する対策のためにテレワークが開始されました。日本ではバブル期に生じた通勤の問題を減らすために、テレワークが導入されるようになったのです。

これに対してリモートワークは、使われ始めた時期は不明です。近年ではリモートワークという言葉をよく聞くようになりましたが、テレワークのほうがなじみ深い言葉だといえます。

違い3.使われる場所が異なる

テレワークとリモートワークでは、使われる場所が異なります。
テレワークは、総務省や厚生労働省、内閣府などの行政機関や地方自治体、大企業などで多く使われています。

一方、リモートワークはIT企業やベンチャー企業、クリエイティブ系の職種でよく使われている言葉です。「リモート」という言葉は、コンピューター分野でよく使われています。このため、IT企業などではテレワークよりも、馴染み深い言葉が入っているリモートワークのほうが利用されています。

オンライン会議を開催するならビットラボラトリのZoom講座を!


テレワークやリモートワークを導入するなら、従業員とコミュニケーションを取るツールが必要です。従業員とインターネットを使って会議を行うなら、「Zoom」というミーティングツールが最適です。

Zoomを使うことで、離れた場所に住んでいる社員とビデオ通話を行うことができます。Zoomには、基本的な機能だけではなく、会議に役立つさまざまな機能があります。Zoomの機能を学ぶことで、より効率よく会議を行うことが可能です。

自宅にいながら短期間でZoomを学ぶなら、パソコン教室のビットラボラトリが開講している「Zoom講座」がおすすめです。

Zoom講座は、インターネットを使ってご自宅でZoomの操作方法を学んでいただけます。もし受講中に操作方法がわからなくなっても、ビットラボラトリのスタッフがリモート操作でサポートいたします。

Zoomの操作がわからない方だけではなく、パソコンやスマートフォンの操作に慣れていない方も、安心して受講いただけます。

Zoom講座には、次の3つの講座があります。

  • Zoomビギナー向け講座
  • Zoom主催者(基礎)講座
  • Zoom主催者(実践)講座

それぞれの講座の詳細は、以下の通りです。

Zoomビギナー向け講座

Zoomビギナー向け講座では、基本的な操作を90分で学ぶことができます。
具体的には、次の機能も使いこなせるようになります。

  • ホワイトボード機能
  • 画面共有
  • ブレイクアウトセッション
  • ビューの切り替え
  • チャット機能

価格:3,500円(税別、テキスト代込)

Zoom主催者(基礎)講座

Zoom主催者(基礎)講座は、主催者として会議やセミナーを開催したい方向けの講座です。

Zoomの基本操作や、主催者が使用できる機能などを3時間で学べます。さらに、セミナーを運営するコツやトラブルへの対処方法も習得できる充実した講座になっています。

価格:18,000円(税別、テキスト代込)

Zoom主催者(実践)講座

Zoom主催者(実践)講座は、講師や教師の方向けの講座です。
ブレイクアウトセッションやホワイトボード機能など、授業で使える機能を学べます。

Zoom主催者(実践)講座では、Zoomの基本操作に関する説明は行いません。基本操作を先に学びたい方は、Zoom主催者(基礎)講座を受講ください。

価格:18,000円(税別、テキスト代込)

ビットラボラトリの講座なら、テレワークやリモートワークに役立つZoomを格安で学べます。
講座を受講して短期間でZoomを習得し、より効率良く業務をこなしましょう。

Zoom講座一覧はこちら

お気軽にお電話でご相談ください。
(営業時間:10:00~18:00)

03-6273-2463