新型コロナウイルスが世界的に猛威をふるうなか、日本では緊急事態宣言が出され多くの方が外出自粛生活を送っています。

企業でも在宅勤務やテレワークが進められ、会議がオンライン上で行われるようになっています。
また、イベントやセミナーなどの開催も中止せざるを得ない状況が続いています。

そんな状況の中、急激に利用者数を伸ばしているのが「Zoom」です。
Zoomは、オンライン上で会議やミーティングができるとても便利なツールで、大企業はもちろん中小企業や個人事業などでも利用されています。

Zoomを使ったセミナーや会議の主催を検討している方に、Zoomの各プランの特徴や機能についてご紹介します。

Zoomの無料プランでできること


Zoomはとても使いやすく、無料で多くの機能を使うことができます。
そのため、Zoomの無料プランでセミナーやコンサルティング・会議を主催することも可能です。

では、無料でどのような機能を使うことができるのかみていきましょう。

アカウントの取得

オンライン会議の主催者としてZoomを始める際には必ずアカウントの作成が必要です。アカウントは無料で取得することができ、一度アカウントを取得するとずっと無料で利用できます。

アカウントはパソコンでもスマホ・タブレットでも取得が可能です。またパソコンであればWindowsやMac、スマホやタブレットであればiOS、Androidなど種類は関係なく、すべてに対応しています。

1対1の通話は時間制限なし

会議やセミナーなど自分と相手と2人だけであれば、通話時間に制限はありません。
つまり1対1であれば、無料でずっと通話ができます。

しかし、自分を含めて3人以上のグループで通話を利用した場合は、40分の時間制限があります。

録画・録音ができる

Zoomには、録画・録音機能があります。無料プランでもレコーディングボタンを押すだけで、大事な会議やセミナーを録画・録音できます。
他の録音ソフトやボイスレコーダーなどを用意する必要がありません。

画面を共有できる

Zoomは、参加者全員が同じ資料や文書を画面上で一緒に見ることができます。セミナーや会議などでは資料などを使うことが多いと思いますが、画面を共有できるため、オフラインの会議と同じようにセミナーや会議を進めていくことができます。

会議やセミナーを主催する側からすると、とても便利な機能といえます。
またパソコンやスマホ、タブレットなどZoomを使用しているデバイスの種類に関係なく、画面を共有できることも魅力のひとつです。

その他の便利な機能

Zoomはこれまでご紹介した機能の他にも、無料で使える便利な機能があります。

  • ホワイトボード機能
  • デスクトップ/遠隔操作機能
  • テロップ機能
  • 手を挙げる機能

Zoomに慣れた方はこのようなさまざまな機能を使いこなし、オンラインでのセミナーや会議を主催しています。

Zoomの有料プランとは?

無料プランでもさまざまな機能が使えるZoomですが、3つの有料プランがあります。
3つの有料プランの特徴をみていきましょう。

Proプラン

有料プランの中で最も料金が安いプランになります。
月額は1名あたり14.99ドル、日本円で約1,500円です。
Zoomの有料プランはどのプランも契約ユーザー数が決められており、このProプランは1~9名となっています。
Proプランは、個人事業主や小規模チームに最適なプランといえます。

無料プランとの違いは、クラウドレコーディングが可能な点です。
無料プランはパソコン上にしか録画したものを保存できないのですが、Proプランはオンライン上に保存できるため、パソコンにダウンロードしたり、リンクで参加者と共有することができます。

Businessプラン

Businessプランは、中小企業向けのプランです。
月額は1名あたり19.99ドル、日本円で約2,100円です。
Businessプランの契約ユーザー数は、最低10名以上となっています。

Proプランと同じようにクラウド上に録画ができます。
Businessプランの大きな特徴は、エラーメッセージやトラブルが起きた場合のサポートが充実している点です。
トラブル時のサポートが充実しているため、ビジネスで使うという場合は安心して利用できるといえるでしょう。

Enterpriseプラン

Enterpriseプランは、Zoomのなかで最高位のプランといえます。
大企業向けの有料プランです。
月額はBusinessプランと同じく1名あたり19.99ドル、日本円で約2,100円です。
Businessプランの契約ユーザー数は、最低50名以上となっています。

Proプラン、Businessプランの機能に加え、さらに多くの機能を利用することができます。そのなかでも最も魅力的な機能は、クラウド容量が無制限であるということです。
容量が無制限であれば、サイズの大きいデータやファイルを大量に保存することやバックアップすることができるため、大人数での会議やミーティングにも対応することができます。

有料プランを利用した方がいい場合とは?

無料プランでも多くの機能を使えるZoomですが、有料プランの利用を検討した方が良い場合もあります。
では、どんな場合に有料プランを利用したら良いのでしょうか?

次の条件に当てはまる方は、有料プランの検討をすることをおすすめします。

1.3名以上で40分以上の通話を行うことが頻繁にある
2.クラウド上でデータや資料などを保存したい
3.トラブルに迅速に対応したい

Zoomはこれからさらに利用者が急増すると予想されます。オンラインでのセミナーや会議が当たり前になったときに、「質が高い」「トラブルに強い」「共有ができる」この3つを備えていることが信用にもつながり、大きな強みになるといえるでしょう。

たった3時間でZoom主催者に!ビットラボラトリのZoom主催者講座

Zoomが急激に普及している今、Zoomで会議やセミナーを開催したいけれど、「Zoomの使い方が分からない」「主催者って一体何をしなければいけないのか不安」と思われる方は多いのではないしょうか?

Zoomの知識を得たいけれど時間があまりない、独学では自身がないという企業担当者や講師の方におすすめしたいのは、ビットラボラトリの「Zoom主催者向け講座」です。

ビットラボラトリの講座の最大の特徴は、「たった3時間」のオンライン講座で主催者としてセミナーを開催できることです。

Zoomの特徴を簡潔にまとめ、主催者だけが使用できる機能や使用頻度が高い機能を中心に学習をすすめていきます。

また、主催者として一番不安なことは「トラブル」ではないでしょうか。
会議やミーティング中に起こりやすいトラブルの対処法についても学ぶことができます。
受講時だけのサポートではなく、その後も復習として活用できるように、ビデオの提供やトラブル対応マニュアルをお渡ししています。

ぜひ、Zoomでセミナーや会議を主催しようと検討されている方、短時間でZoomの知識を習得したい方、3時間のオンライン講座で主催者に必要なスキルを獲得してみませんか?
全力でサポートさせて頂きます!

前日18:00まで予約OK!

Zoom講座一覧はこちら

お気軽にお電話でご相談ください。
(営業時間:10:00~18:00)

03-6273-2463