ビットラボラトリでは、Zoomを初めて使う初心者の方から、会議やセミナーを開催する主催者向けの実践的な内容まで、幅広く講座をご用意しております。

すべての講座が、実際にZoomを使ったオンラインでの講義になります。
初心者の方でも安心いただけるよう、受講前にはZoom接続マニュアルもプレゼント!

講義後は、録画した動画リンクもプレゼント!ご自宅で復習していただくことができます。
それでもわからないという場合でも、受講後1か月メールでご質問いただけます。

ビットラボラトリはとことんサポートさせていただきます。

ここでは、受講後にいただいたご質問をまとめていますので、わからないことがあればぜひご参考にしてください。

事前準備

Zoomミーティングやセミナー参加に必要なものは?

Zoomセミナーへの参加で必要なものはいくつかあります。
事前準備の確認をしておくといいでしょう。

  • PC(サポートされるOSとブラウザについては後述)*必須
  • スピーカーとマイク(PCに内蔵されているものでも大丈夫です。)*必須
  • ウェブカメラ(PCに内蔵されているもので構いません。)
  • ※お持ちでなければ、ご用意いただく必要はありません。

  • 有線または無線ブロードバンドのインターネット接続 *必須
  • ※3Gまたは4G/LTEでも可能ですが、有線または無線ブロードバンドを推奨します。

サポートされるOSは?

Zoomミーティングにパソコンで参加する場合の必要OSはこちらになります。

  • MacOS 10.7以降を搭載のMac OS X
  • Windows 10
  • Windows 8または8.1
  • Windows 7
  • SP1以降を搭載のWindows Vista
  • SP3以降を搭載のWindows XP

サポートされるブラウザは?

Zoomミーティングに参加する場合のブラウザで、サポートされているものはこちらになります。

  • Windows:IE7 以降、 Firefox、 Chrome、 Safari5 以降
  • Mac:Safari5 以降、 Firefox、 Chrome
  • Linux:Firefox、Chrome

スマホやタブレットでもご参加いただけます。
※ウェビナー講座を受講する場合は、必ずパソコンでご参加ください。

Zoomミーティングに参加する場合のシステム要件の詳細はこちらからご確認ください。

 ⇒ Zoomミーティング参加システム要件

ミーティングの作成

作成したミーティングが正しく設定できているか確認する方法は?

ミーティングを作成した後、それが正しく登録・設定されているか確認する方法があります。

Zoomアプリから確認するには、アプリのホームページの上段に出ているメニューからミーティングをクリックします。
スケジュール画面に切り替わり、作成したミーティングが画面左側に日付順に表示されます。

Zoomのホームページからでは、サインインして左のメニューバーからミーティングをクリックすると、作成したミーティングが日付順に表示されます。

パスワードの設定方法がわからない

パスワードの部分の字の色が薄く、書き込みができなく、『パスワードを設定出来ない!』と困っている方もいらっしゃると思います。

セキュリティーの問題点を指摘され、Zoomアプリがアップグレードされたため、現在はパスワードが必須となりました。
そのため、パスワードを付けるか否かの選択が出来なくなりましたので、表示がグレーで触れなくなっています。

パスワードにつきましては、自動で付与されますので特に入力や設定を行う必要はありません。

定期ミーティングをスケジュールした場合IDとパスワードはどうなるのか?

期間を決めて、定期的なミーティングを作成する場合、IDやパスワードは同じものになるのか、別々になるのかということでは、定期ミーティングで登録した場合は、全てのミーティングのIDとパスワードは同じになります。

会社で行われる定期的な会議などに使用するのはとても便利ですが、定例でも毎回参加メンバーが違う外部向けのセミナーなどの場合には都度作成したほうがいいかと思います。

招待メールの送り方がわからない

招待メールの送り方は大きく2通りあります。

まず、Zoomをカレンダー(Google カレンダー等)と連携させている場合には、カレンダーの該当スケジュールを右クリックして、メールで送信を選べばお使いのメールアプリ(Gmailなど)に切り替わり、そのまま宛先を入力して送信します。

カレンダーの連携をしていない場合には以下の手順で送信します。

1、Zoomのアプリを起動させて、ホーム画面の上にあるミーティングをクリックする。

2、現在スケジュールしているミーティングが一覧で表示されたら、該当のミーティングを選んでクリックする。

3、画面右側に、ミーティングの内容が表示されたら、【招待のコピー】をクリックして、クリップボードに招待メールの文面をコピーする。

4、メールアプリ(gmailなど)を開いて新規作成をクリックする。

5、メールの本文欄にクリップボードの内容を貼り付ける。

6、宛先・件名を入力して、メールを送信する。

無料プランで40分の制限の後再度40分のミーティングを開催出来きるのか?

Zoomの無料プランは、人数は最大100名まで利用することが出来ます。
ただし、3名以上の利用の場合最大40分までの時間制限があり、自動的に遮断されてしまいます。

有料プランであれば、3名以上の利用でも時間制限はなく、40分以上の利用も可能です。
ミーティングやセミナーを開催する場合は、40分で収まることは少ないと思いますので、開催数が多い場合は有料プランを検討する必要があるかもしれません。

無料プランのまま40分を超える場合は、1度40分の時間制限によって遮断されたMtgのあとでも、別のミーティングを開催することは可能です。
あいだに何分時間を空けなければならないなどの制限は、現時点ではありません。

40分ごとに別のミーティングを開催する形になりますので、予め複数のミーティングの予約を登録し、それぞれのIDとパスワードなどをまとめて事前に送っておくことも可能です。

5分前からカウントダウンが画面に表示されますので、区切りの良いところで終了し、切り替えていくとスムーズかもしれません。

Zoom Roomsからミーティングを設定しようとした設定出来ない

Zoom Roomsから、ミーティングを設定しようとしても先に進めず、ミーティングが設定できない!という場合があります。

Zoom Roomsとは、会議室等の常設端末からZoomを使用するサービスとなり、【Zoom Rooms】は【Zoom】とは別の有料サービスになります。

通常のZoomのミーティング設定を行う場合には、Zoomのホームページにサインインして、画面上にあるメニューバーから「ミーティングをスケジュールする」をクリックするか画面左のメニューから「ミーティング」をクリックしてミーティング画面に切り替えて画面上部にある【新しいミーティングをスケジュールする】をクリックすると、詳細入力画面に切り替わります。

1度使ったURLを使って参加者がミーティングを開催できるのか?

ホストが新しくミーティングを作成するときにどのように設定しているかによって変わってきます。

パーソナルミーティングID(固定)を使用してミーティングを作成していれば、毎回同じ固定のIDとパスワードになりますので、毎回招待メールを送ってもらわなくても接続できます。

パーソナルミーティングIDを使用しないで、ミーティングを作成している場合には、毎回IDとパスワードが変わりますので、その都度招待メールを送ってもらわないと接続が出来ません。

ミーティングの作成をどのようにしているか、ホストへ確認が必要です。

ミーティングへの参加方法

待機室を設定した場合参加者はいつから参加できるのか?

ホスト(ミーティング主催者)が待機室を設定しておけば、ホストが参加者に例えば15分前から入れますと記載した場合でも、実際には参加者は開始時間の何時間前からでも待機が可能なのでしょうか?

参加者は、待機室にいつでも入れるわけではありません。
待機室を有効にしてミーティングをスケジュールした場合には、ホストがミーティングを開催した時点から有効となります。
それ以前に参加者が接続した場合には、「このミーティングをホストが開催するまで待機しています。」のメッセージとミーティングID、開催時刻、開催日が表示されます。

逆に、ホストがミーティングを開始しなければ参加者が待機室に入れませんので、時間にゆとりをもってミーティングを開催してください。

アカウント登録せずミーティングに参加する場合の名前の表示はどうなるのか?

参加者が初めてZoomを使用する場合、ズームのアプリをインストールしただけで、アカウント登録をしないケースもあります。

Zoomでの参加者の名前表示は、サインインしている、していないにかかわらずミーティング内で表示させる名前の登録が出来ます。

これを行わない場合に、サインインしている参加者はZoomに登録されている名前が表示され、アカウント登録していない参加者は、その使用しているデバイスにつけられている名前が表示されます。

スマートフォン・タブレットでの参加方法は?

スマートフォンやタブレットを参加させる場合には、まずZoomのアプリをインストールしておく必要があります。
インストール後、招待メールのURLをタッチすれば、Zoomのアプリが起動して、接続されます。
(特に、サインインをする必要はありません。)

スマホでミーティングにする場合ポップアップは入るのか?

メールやLINEなどの着信があった際、ポップアップなどでお知らせ擦る設定にしている方も多いと思います。

しかし、Zoom利用時にメールやLINE受信などのポップアップが写り込むことはありません。
スマホのカメラで写真を撮っている時と同じイメージです。

ホストの回線が切れた場合どうやって再入室するのか?

ホストのネットが切れるトラブルに遭った場合、それだけでも焦ってしまうと思いますが、ホストが再入室したあとどうなるのかも気になるところです。

ホストが、ホストの権限を受渡ししないままミーティングから落ちてしまった場合には、、切断から3分間はZoom上はホストとして残っています。
この場合は、ホストはアプリの参加をクリックすると自動的に先ほどまで入室していたミーティングに接続します。

この時一旦共同ホストとして入室して、先程までのホストの自分と新たに共同ホストで参加した自分の二人がZoom上は入室している形になります。
そのまましばらくすると、共同ホストの自分が消えて、ホストの自分だけが残ります。

ホストが戻らなかった場合は、自動的にそのミーティングへの入室の1番早かった人にホストが移行します。(仮ホスト)
ホストがそのミーティングに復帰したタイミングで、ホスト権限が仮ホストから移行されます。

また、ホストが、ホスト権限を移行した後に、ホスト権限を移行された人がZoomから落ち場合には、旧ホストの参加者一覧の下に【ホストの再要求】のボタンが表示されますので、そのボタンをクリック
すると、再びホストになることが出来ます。

共同ホストでもう1台参加しておきホストが切れた時共同ホストのほうをホストに変更できるか?

ホストが切れた場合には、参加者のアイコンをクリックします。

参加者の一覧が表示されたら、一番下に「ホストを要求」というボタンが表示されるのでクリックし、【ホストコード】を入力するとホストに切り替わります。 

【ホストコード】は、Zoomホームページのプロフィール画面で確認することが出来ます。

共同ホストはどうやってミーティングに参加するのか?

別アカウントの参加者が共同ホストとして参加する方法は、まず参加者として入室します。
入室後にホストが参加者一覧で対象者の詳細ボタンをクリックして表示される「共同ホストにする」をクリックして共同ホストにすることができます。

パソコンでホストとして開催しスマホでは参加者で入室したい

パソコンではホストとしてミーティングを開催し、参加者としてどのように映るのか確認するためスマホで参加者として参加する場合も方法があります。

同じアカウントで参加をクリックした場合には、共同ホストでの参加になってしまいます。
参加者へ変更する場合は、ホストのパソコンのメニューから「参加者」をクリックして、参加者の一覧が表示されたらスマホのところにカーソルを移動すると表示される「詳細」をクリックします。
表示されたメニューの中の「共同ホストの権限取り下げ」をクリックすると参加者に切り替わります。

待機室に入った人に一括で許可を出す方法は?

参加者が多い場合、一人一人許可を出すのは大変です。

参加者の顔ぶれを確認して、一括で許可を出すには、まず参加者のアイコンをクリックします。
クリックすると、参加者一覧が表示され、待機室に入っている人の名前が表示されます。
待機室複数にいる場合には、一覧の上に「全員を許可する」のボタンが表示されます。

ミーティングの途中でアプリが開けなくなった

ミーティングやセミナーの途中でアプリが開けなった場合はサインアウトしている可能性があります。

アプリ起動後に【サインイン】をクリックしてください。
画面が切り替わりましたら、Zoomに登録しているメールアドレス、パスワードを入力して、【サインイン】をクリックします。
画面が表示されましたら、右上の【画車マーク】をクリックしてください。
設定画面に切り替わります。

サインインの際に、【次でのサインインを維持】をクリックしていないと、アプリを終了するとサインアウトします。
他に問題がなければ【次でのサインインを維持】をクリックしておけば、サインインの状態を維持できます。

参加メンバーの表示

ギャラリービューで、参加者の名前を表示しない方法は?

参加者のスクリーンショットをとったり、オープンセミナーなどで参加者の名前を消したい場合には、まずZoomのメニューバーのビデオの右側の山印をクリックします。

オプションメニューが表示されますので、【ビデオの設定】をクリックします。

設定画面が表示されたら、「会議:」の「ビデオに参加者の名前を常に表示します」のチェックを外します。

右上の「X」をクリックして、設定画面を閉じます。
このまま少しすると、名前の表示が消えます。

参加者の氏名の部分が消えないように氏名表示を固定したい

参加者の名前が非表示になっている場合は、Zoomのメニューバーにあるビデオマークの右側「^」をクリックしてビデオメニューを表示します。
メニューの中の「会議」の項目にある「ビデオで参加者の名前を表示する」にチェックを付ける名前が表示されます。

集合写真をキャプチャーで撮ったりした時など、名前を非表示にすると、その設定がそれ以降も継続されますので、終わったら戻すようにして下さい。

Zoom参加者画面の移動や固定方法は?

Zoom参加者のビューを自動で配置する(左右表示モード)ことは出来ますが、画面共有をしている時は、この設定が無効になります。

デフォルトで画面右側に表示されますので、必要に応じてマウスでドラッグして移動させるか、メニューバーの「詳細」から「ビデオパネルの非表示」をクリックすれば、非表示となります。

ギャラリービューで発表者や質問者(参加者)を大きくうつすには?

ギャラリービューの場合は、参加者全員が同じ大きさで表示されて、発言している人の枠が黄色く光ります。
発表者を全員に対して大きく映すには、発表者のビューの右上にある「…」から、スポットライトビデオを選んで設定すれば大きく映し出されます。

終わった時に、その人のビューの左上に表示されているピンマークをクリックするとスポットライトビデオが切れて、元のビューに戻ります。

発表が終わったタイミングで、スポットライトビデオを終了することを忘れずに行ってください。終了をするまで、その方がずっと大きく映し出されてしまします。

資料の共有

ホストがPowerPointなどの資料を共有する場合の準備は?

ホストが資料などをミーティングで共有する場合、あらかじめ用意しておく必要があります。
デスクトップに用意しておくだけではなく、あらかじめ共有する資料は開いておく必要があります。

詳しくはZoom主催者【実践】講座で解説しています。

複数の参加者がいるのに資料を共有すると参加者が1名しか表示されなくなる

参加者が複数いるミーティングで、ホストが資料を共有した際に、参加者の表示がギャラリービューからスピーカービューに切り替わり、1名しか表示されなくなる場合があります。
ギャラリービューの状態から、画面共有するとスピーカービューに切り替わってしまうのは、前回画面共有した時のビューに戻るためです。

画面共有をしている状態で、スピーカービューからギャラリービューに戻すには、現在映っているビューにカーソルを移動させるとビューの左上に四角いマークが表示されます。
マークの右が「ギャラリービュー」、真ん中が「スピーカービュー」になりますので、右のマークをクリックすれば「ギャラリービュー」に切り替わります。

画面共有時に参加者も画面を操作こと出来るか?出来ない設定方法は?

画面共有時における参加者からの操作については、設定で操作が出来る様にも出来ない様にも出来ます。

1、設定方法は、Zoomのホームページにアクセスして、サインインします。
https://zoom.us/up-up/meetings.html

2、画面が開いたら、左側のメニューから「設定」を選んでクリックします。

3、設定の画面が開いたら、「ミーティングにて(基本)」の中にある【注釈】と【遠隔操作】をOFFにします。

これで、参加者は画面共有中に共有画面への書き込みや共有画面に対する操作が出来なくなります。

資料の共有はホストしかできないのか?

画面共有は、セキュリティ強化の関係からデフォルトで、ホストのみの設定となっています。

参加者からの画面共有を許可するには、ホストがZoomメニューバーの画面共有の右側にある山型マークをクリックして詳細メニューを表示します。
このメニューにある「複数の参加者からの画面共有を許可する」をクリックして許可します。

この切り替えは、ホストがパソコンを使用している場合のみ行えます。スマホやタブレットでは行えません。
ホストの全ての機能を使用するには、パソコンを利用が必須となりますので、ご注意ください。

共有してPowerPointの資料を見ている時に参加者の画像が被って隠れてしまう

共有している資料の上に画像が被ってしまう場合がありますが、画面共有時には画面共有している人は左右表示モードは使用できませんので、都度参加者の画面をドラッグして移動させて資料の隠れていた部分を見ることになります。

主催者になると、基本的には同じように参加者の画面をクリックして移動させるか、Zoomの主催者メニューの中に非表示にする機能があります。

PowerPointを画面共有している場合スライドショーは使えるか?

Zoomの画面共有で、PowerPointのスライドショー(アニメーション等)を使用することは出来ます。

操作方法は、該当のPowerPointを画面共有して、あとは通常通りのPowerPointの操作を行うだけです。
画面共有は、パソコン上で操作しているものを映して参加者に共有しているだけですので、PowerPointのスライドショーを行っているところを映していると考えていただければ分かりやすいかと思います。

共有する資料やWEBサイトが多い場合共有するときに探しにくい

Zoomの画面共有のベーシックのタブの並び順は、最初の画面共有前では左上から順番に新しく開いたファイルがならびます。
その後、画面共有した場合は、画面共有した順番に左上から並びます。
そのため画面共有するたびにファイルの表示位置が変わることになりますので探しづらくなっているのかと思います。

Webサイトは使用しているアプリケーションによって、画面共有のベーシックタブへの表示されかたに違いがあります。
いくつかのホームページを見せる場合には、ブラウザで見せたいホームページを予め接続しておいて、画面共有時にブラウザのタブを切り替えて表示すれば問題はございません。

ブレイクアウトルームで作成したホワイトボードの保存方法とメインルームでの共有方法は?

ブレイクアウトルームで各グループが作成したホワイトボードを保存するには、そのグループ内でホワイトボードを共有した方の画面上にホワイトボードのメニューバーが表示されますので、メニューバー右端にある「保存」のアイコンをクリックすると共有した方のPCに保存されます。

各グループで保存したホワイトボードをメインルームで全員に共有する場合は、そのホワイトボードを保存している方に画面共有を行っていただきます。

投票機能

投票で質問の回答を10項目以上で行いたい場合は?

まず、投票機能を使うには、ホストがPro以上である必要があります。

作成用紙は1つの質問に対しての回答が最大1枚で10項目までになっていますので、1つの質問に対して10項目以上の回答例は作成できません。
10項目以上の回答を作成する場合は、質問が2つに分かれることになります。

投票は、投票タイトル毎に参加者に表示しますので、その投票タイトルに2つ質問があれば「次へ」の表示が出てクリックすると2つ目の質問が表示されます。

Googleカレンダーでミーティングを開催する時も投票用紙は作成出来るか?

Googleカレンダーと連携した場合、投票機能はあくまでもZoomのマイミーティングの設定によりますので、マイミーティングの設定で投票機能がONになっていれば使用が出来ます。

投票の作成は、Zoomのマイミーティングで行います。これは、Zoom主催者【実践】講座で詳しくご説明いたします。

投票用紙のテンプレートはいつ作成するのか?

投票用紙のテンプレート作成は単独で作成するのか、セミナーのテンプレート作成した時に投票用紙のテンプレートも一緒に作成するのか、というと、ミーティングスケジュール作成時に作成します。
この作成したミーティングスケジュールをテンプレートで登録すれば、投票の内容についてもテンプレートにできます。

アンケートとは投票機能とは別機能か?

投票機能ではボタンの選択のみでフリー記入ができません。

アンケートは投票機能のことかと思いますが、セミナー最後にアンケートを取り、意見やコメントを取りたい場合には、チャット機能でホスト宛のプライベートで記載してもらいます。

チャットの内容は、テキスト形式で保存が可能です。ミーティングの基本設定にある「チャット自動保存」をONにしておけば、ミーティング終了時にテキスト形式で自動保存されます。

チャット機能

チャットで入力して改行をしたいのにエンターを押すと送信されてしまう

FacebookやLINEなどをパソコンで操作するときと同じように、チャットで文字を入力してエンターキーを押すと、改行ではなくその時点で送信されてしまいます。

チャットの入力で改行をしたい場合、パソコンを利用している場合では、

■ Windowsでは、Shift+Enter
■ Macでは、Control + Enter

で改行が出来ます。

スマートフォンやタブレットを利用している場合には、改行は出来ません。

チャットで送信した文章を編集したい

チャット機能で送信されたメッセージを編集することはできません。

送信前では編集可能です。

チャットにアジェンダなど予定をあらかじめ記入しておくには?

ミーティング開始後、ホストはチャットで全員宛のメッセージを入力することが出来ますが、参加者が入室前に送信してしまうと参加者は入室前のチャットの内容を見ることは出来ませんのでご注意ください。

チャット画面が左側に表示されているときとされていないときがある

チャット機能が左側に表示されているときと、参加者様の画像が表示されている場合があります。

チャット画面を出したい場合は、Zoomメニューのチャットのアイコンをクリックすると表示されます。
表示場所については、マウスでドラックして動かせば画面上の好きな位置に移動させられます。
(スマートフォン・タブレットでは、移動させることは出来ません。)

チャット画面の表示が消えたりするのは、画面共有やビューの変更を行った場合やチャット画面を閉じたときに消えます。

スマホやタブレットからチャットで資料を送りたい

チャットでのファイル送信は、スマートフォン及びタブレットでは行えません。
ファイルの送信を行うには、パソコンをご利用ください。

その他の機能・設定

参加者が自分のミュート機能を操作できなくする設定方法は?

参加者の音声をミュートする場合は、ミーティングが開始してから

1、画面のメニューバーから「参加者」クリックします。

2、参加者が表示されたら、一番下にある【すべてミュート】を押します。

3、参加者全員がミュートされます。

これで、参加者全員をミュートに出来ます。
ミュートを解除するには、先程の「参加者」をクリックして参加者が表示されている一番下のある【すべてミュート解除】クリックすれば全員のミュートが解除されます。
個別に解除するときは、ギャラリービューから相手を選び、画面右上の「・・・」から、ミュートを解除します。

スマホで参加する場合電話がかかってこないようにするには?

セミナーの参加者がスマホでの参加だった場合、バイブレーションにして、zoom画面のマイクをミュートにしていても、スマホに電話はかかってくることがあります。
スマホでの参加者が電話がかからない様にスマホで設定するには、フライトモードに切り替えれば、Wi-Fi接続のみとなりますので、電話を受けることは無くなります。
この時、Wi-Fiに接続していないとZoomの接続も切れます。

ライブ配信画像を共有する時に画像がカクカクする

画像がぶれてしまう場合には、まずZoomの設定で調整します。

1、Zoomアプリのホームページ右上にある歯車マークをクリックする

2、設定メニューからビデオをクリックする

3、画面面右下の【詳細】をクリックする

4、詳細設定画面が表示されたら、

「ビデオ処理に対してハードウエア加速を有効化」
「ビデオの送信に対してハードウエア加速を有効化」
「ビデオの受信に対してハードウエア加速を有効化」

の3か所のチェックマークを外します。

この作業で、共有時の画像のカクカクが解消される場合があります。

上記設定変更で解消されない場合には、ご使用のパソコンのスペックの問題となります。
できれば、以下のスペックのパソコンのご利用をお勧めします。

  • CPU  :インテル Core i7-9750H
    (6コア/12スレッド/2.60GHz(最大4.50GHz)/12MBキャッシュ)
  • グラフィックス:GeForce MX 250
  • メモリ   :8GB PC4-21300
  • ストレージ :256GB SSD

レコーディング中にホストのPCが落ちた場合レコーディングはどうなるか?

クラウドに保存の場合は、そのままレコーディングが継続されます。
レコーディングが停止されるか、ミーティングが終了した時点で、クラウドに保存されます。

ローカルに保存の場合は、そのままレコーディングが継続されます。
レコーディングが停止されるか、ミーティングが終了した時点で録画が停止します。

レコーディングが終了した時点で、ホストが復帰していればホストのPCにダウンロードされます。
レコーディングが終了した時点で、ホストが復帰していない場合には、ホストがZoomに接続したタイミングでホストのPCにダウウンロードされます。

有料プラン

有料プランに変更する方法と注意点は?

頻繁に社内会議を行ったり、セミナーを開催する場合は、時間制限などどうしても無料アカウントでは不都合が出てきます。
そんな場合は有料アカウントへ切り替えることで、制限なく使用できるようにしましょう。

無料プランと有料プランの違いについては、こちらの記事を参考にしてください。

『Zoomの有料プランと無料プランの違いは?主催者がしっておきたい料金や機能をご紹介』
新型コロナウイルスが世界的に猛威をふるうなか、日本では緊急事態宣言が出され多くの方が外出自粛生活を送っています。 企業でも在宅勤務やテレワークが進められ、会議がオンライン上で行われるようになっています。 また、イベントやセミナーなどの開催も中止せざるを得ない状況が続いています。 ・・・続きはこちら

 
有料プランへの切り替え方法は

1、Zoomアプリホーム画面の右上にあるプロフィールアイコンをクリックしてメニューを表示する。

2、メニュー内にある【プロにアップグレード】ボタンをクリックする。

3、Zoomのホームページが開いたあと、ZoomのIDとパスワードを入力してサインインする。

4、Zoomのプロフィールページが開く。

5、画面左のメニューから【アカウント管理】をクリックし、【支払い】をクリックする。

6、現在のプランが表示され、画面右側にある【アカウントをアップグレード】ボタンをクリックする。

7、画面切り替え後にプロの欄の【アップグレード】ボタンをクリックする。

8、プラン確認画面に切り替え後、月払いか年払いかを選択する。
※決済通貨をオーストラリアドルにすると日本円で決済するよりも年払いで約5,500円安くなります。
外貨で決済する場合には、為替の変動がありますので、年払いにした方がリスクが少なくなります。

9、プラン選択後、クレジットカード情報の入力画面に情報を入力し【今すぐアップグレード】のボタンをクリックする。

 有料アカウントに切り替わったかどうかを確認するには、Zoomアプリのホーム画面の右上にあるプロフィールアイコンを クリックして、表示された一番上の名前の右側に現在のプランが表示されますので、これが【Pro】になっていれば、有料アカウントに切り替わっています。

有料アカウントを持った人がもう1人ホストとして入室すればブレークアウトセッションを操れるのか?

ミーティングのホスト以外は、有料アカウントでも無料アカウントでも、ブレークアウトセッションを操作することは出来ません。

ホストが、ギャラリービューから相手を選んで、画面右上の「・・・」をクリックしてメニューを表示させ「ホストにする」をクリックすれば、その人がホストになります。
1つのミーティングに対して、ホストは1名だけです。他の人は共同ホストか、参加者になります。
そして、ブレークアウトセッションを操れるのは、ホストだけになります。

ビットラボラトリのZoom講座

ビットラボラトリのZoom講座は24時間Webから受付中!

これからリモートワークが進んでいく中、Zoomは必須ツールです。
あなたも乗り遅れないようにマスターしておきませんか?


 

関連記事

『Zoomってこんなに便利!使い方や活用法をご紹介!』
1最近、猛威を振るっているコロナウイルスの影響でリモートワークになった方が多いのではないでしょうか。「緊急事態宣言」が発表されたため、全国でリモートワークを導入している企業が多くあります。 どんな状況であっても、仕事をするために会議は不可欠。リモートワークでも会議が行えるように、テ ・・・続きはこちら


『Zoomの有料プランと無料プランの違いは?主催者がしっておきたい料金や機能をご紹介』
新型コロナウイルスが世界的に猛威をふるうなか、日本では緊急事態宣言が出され多くの方が外出自粛生活を送っています。 企業でも在宅勤務やテレワークが進められ、会議がオンライン上で行われるようになっています。 また、イベントやセミナーなどの開催も中止せざるを得ない状況が続いています。 ・・・続きはこちら


『ZoomとSkypeの違いとは?それぞれの特徴を解説!』
新型コロナウイルスの影響により、自宅でオンライン会議を行う企業が増えています。オンライン会議を行うには、「Zoom」や「Skype」などのミーティングツールが必要不可欠。ミーティングツールを使いこなすことで、離れた場所に住んでいる社員とコミュニケーションをとることができます。 ZoomとSkypeでは、異なる点が複数あり ・・・続きはこちら


『登録不要のスマホ版Zoom!どこでもサッと会議に参加できるアプリの使い方』
新型コロナウイルスの流行により全国に緊急事態宣言が出ているいま、あらゆる活動を自粛し、自宅で過ごす人が増えています。 それは会社においても同様です。在宅勤務やテレワークを導入する企業が増え、会議などもオンライン化が進んでいます。 大手から中小まで多くの企業で使用されているテレビ会 ・・・続きはこちら


『Zoomで背景を見られたくない人必見!バーチャル背景利用でプライバシーを守る』
Zoomは多くの会議や、さまざまなセミナーなどで需要が多いツールのひとつです。主催する側にしても、また、参加する側にしても手軽に利用できて便利なZoom。 しかし、Zoomを使っている時に自宅や職場の背景が見えてしまうことに抵抗を感じる場合もあるのではないでしょうか。 実は、Zoomの背景 ・・・続きはこちら


『自宅でZoomを使う方におすすめの背景10選 漫画やアニメで人気の画像も無料配布!』
テレワークの推進や自宅で過ごす時間が増えたことにより、「オンライン会議」や「オンライン飲み会」を実施している人が増えています。オンラインでのコミュニケーションを可能にしているのが、オンライン会議システムです。オンライン会議システムを使えば、遠くに離れている同僚や友人と顔を見ながら ・・・続きはこちら


『リモート会議はZoomで!3つのメリットと必要機材や他ツールとの比較も』
あらゆる企業で今、オフィスへ出社するスタイルから場所を問わないテレワークのスタイルへと移行しようとする動きがあります。伴ってリモート会議ができるサービスの導入を検討している企業は多いでしょう。 しかし、リモート会議ができるサービスは数多とあるため、どのサービスがいいのかと迷ってし ・・・続きはこちら


『ウェブカメラの選び方とおすすめ人気機種4選』
テレワークの普及により、オンライン会議をする企業や個人事業主の方がとても増えています。ノートパソコンにはインカメラがついていることが多いですが、デスクトップパソコンやカメラがついていないパソコンでオンライン会議を行う場合は、ウェブカメラが必要となります。 しかしウェブカメラにはさまざまな機能あり、初めて購入する方は何を基準に選べばいいのか ・・・続きはこちら